HOME > 泉質について

|花の湯の温泉の泉質について

花の湯の泉質はアルカリ性単純温泉です。微妙に黄色がかった微かに硫黄の香りが漂う湯は、身を沈めていると微細な泡付きもあり、気泡にやさしく包まれます。刺激も弱いため心地よく入りやすく、子どもやお年寄りなど抵抗力が高くない人でも安心して浸かることができます。

温泉の入門編として非常におすすめできる泉質です。
また、弱アルカリ性単純温泉、アルカリ性単純温泉には皮膚の古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を促してツルツルにしてくれる働きがあるので、「美肌の湯」や「美白の湯」として女性のリピーターが多いのも特徴です。成分などは下記を参照ください。

|泉質・効能など
泉質 アルカリ性単純温泉
効能 神経痛、関節痛、アトピー、病後回復期
備品 ドライヤー、シャワーキャップ、タオル、バスタオル、浴衣
入浴時間 個人の体調に合わせて調整ください。

 

|療養温泉成分の泉質に基づく禁忌症、適応症等
浴用の禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
浴用の適応症 神経症、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、虚弱病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、すりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

 

御所湖温泉 花の湯

〒020-0572 岩手県雫石町西安庭27-4-1

TEL:019-692-1050